楽器演奏と婚活が融合した音コンに行ってみた

こんにちわ!ライターの清水恵子です!
突然ですが皆さん婚活してますか?(笑)
何を隠そう、私、絶賛婚活奮闘中です!!

いくつか婚活イベントに参加して気がついたのが、「意外と初対面で誰かと仲良くなるって難しい!」ということです。

正直婚活にはコミュニケーション能力がとても重要です。
どんな人とでも分け隔てなくすぐに仲良くなれてしまう方は婚活に向いているといえます。

逆にそんな人はそもそも婚活に奔走しなくても素敵な出会いをゲットできるはずなので、
婚活イベントに集まる人たちは基本的に少し物静かというか、あまりコミュニケーションが得意な方では無い方が多い印象を受けました。

趣味を通じた婚活に手をつける

「共通の話題」それはコミュニケーションにおいて大きな追い風になります。
知らない人同士でも同じ趣味や関心を持っていれば、自然と会話が弾んだりするものです。
ですが現代の社会において趣味や感心ごとは多様化の一途をたどっています。

一般的な婚活イベントで収穫を得られなかった経験から、
私がたどり着いたのは趣味を通じた「趣味婚」なるイベントです。

私の趣味は音楽の鑑賞と演奏なので、
音楽好きな人と知り合えると自然と会話が弾むので、
「これはこの趣味を活かして婚活するしかない!」と思いました(笑)


音楽鑑賞系婚活イベント

音楽の趣味を軸にした婚活イベントは幾つかあって、
自分の好きな曲を流して鑑賞するタイプの交流会にはじめは足を運んでみました。

そのイベントには5名中男性3名女性が私を含めて2名参加していました。

会場はカフェを貸しきったところになっていて、
主宰者の人に代わる代わる自分が聞きたい曲をリクエストして、youtubeか何かで再生しながら、
その曲について語りあうという、何とも斬新なイベントでした。

周りの人は「ザ音楽好き」という感じの洋楽ロックをリクエストして、
「このギタリストは何年代の演奏が最高なんだよ~」という予備情報を皆さんに披露していました。

昔のロックの知識が無い私からすると「そうなんですか・・・」としか言えず、
音楽を中心にした会話は盛り上がらず、
結局集まった人たち同士で普通の会話を2時間ぐらいして解散しました。

音楽の趣味って多種多様で、こだわりが強い人ほど、そのテリトリーが狭かったりします。
たまたま同じ音楽を聴く人が集まっていれば、会話にも自然と花が咲くでしょうが、
全く趣味の違う音楽を聴いている人同士が音楽の会話をするのは難しいのだとおもいました。

これで終われない!音楽を通じた婚活

だがしかし、コレだけではないのが音楽婚活。
他にも探してみたら違ったコンセプトのイベントを発見。
その名も音楽婚活の音コン

このイベントは音楽好きが集まるというのは上記のイベントと変わらないのですが、
実際に参加者同士で演奏をするというのがこのイベントの売り。

最近は社会人になってから新しい趣味を始められる方も多くいらっしゃって、
その中でも楽器演奏は人気を集めているカテゴリでもあります。

大人向けの音楽教室なども人気を集めているなかで、
この楽器演奏と婚活を融合させたイベントは最近のトレンドを押さえた魅力的な婚活だとグッと惹かれてしまいました(笑)

早速ホームページからエントリーして、参加することにしました(ワクワク笑)

音コンのイベント内容

演奏婚活とは一体何をするのかと気になると思いますが、
開催場所が音楽スタジオになっていて、
そこでバンド形式の演奏を楽しめるという内容です。

ちなみに初心者や楽器未経験の方に関してはスタッフの方から演奏のレクチャーを受けることが出来ます。

私は以前、バンドを組んでいたことがあって、そのときキーボードを担当していました。
かれこれ5年以上バンド活動はしていなかったので、
「ドラムにあわせて演奏したい!」という欲求がくすぶっていたのと、
婚活奮闘中ということも相まって、期待値マックス状態になりました(笑)

普通の婚活イベントだと女性と男性で料金が違うところが多いですが、
この音コンでは、男女共に2時間の演奏で3000円でした。

男女平等なところも良いです。
<
婚活イベントって極端に男女の参加費用が違ったりすると、
参加者の熱度合いに差があったりします。
前に行った婚活パーティーでは女性500円の男性8000円というところもありましたが、
端から見ていても、女性は冷やかしで着ている人もいる反面、
男性はとてもハングリーな感じとアンバランスな印象を持った記憶があります。

ある程度女性も男性と同じ位の料金を支払って参加しているイベントの方が、
男女の婚活に向けた真剣度合いの均衡が保たれると、婚活熟練者は思います(笑)

いざ音楽婚活参戦!

土曜日に幡ヶ谷で開催している音楽婚活ですが、
18:00から開催で当日までは男女比などの情報はなく、期待に胸躍らせながら開場まで向かいました。

イベントが開かれるスタジオは一般的な音楽リハーサルスタジオで、
婚活イベント以外にも他のバンドマンさんたちが練習に集まっていました。

ロビーの方に声を掛けて「音コンの参加者です!」と伝えると、
開催されるスタジオの部屋を教えてくれました。
そのときの参加者は10名程で男性6人に対して女性4名でした。

このイベントは毎回男女比にばらつきがあり、女性が多めの日もあれば、男性が多い場合もあるとのことでした。
最近の婚活イベントはサクラがいるとか居ないとかの情報を耳にしたことがありますが、
この音コンにはサクラはいないようです。

初対面の方との演奏

18:00になり、演奏がスタート!
私はキーボードだったのですが、男性のキーボード奏者の方が参加していて一緒に演奏することになりました。
ちなみにこの男性は30代半ばでとても感じよく、しかもイケメンでした(笑)

このイベントではカップリングタイムや、プロフィールの交換といった王道的な婚活の流れではなく、
あくまでも集まった人たち同士で演奏を中心に交流を進めていくという内容になっていて、
初心者の方は上級者の方に演奏を教えてもらったりする中で、自然と交流が生まれていくのが特徴でした。

ドラムで参加されていた女性は全くの未経験で、演奏を男性参加者の方から教わっていました。
ちなみにこの女性は、センスがよくてあっという間にしっかりとドラムを叩けていました。

演奏内容も初心者目線に合わせた簡単な内容だったので、
上級者でしか楽しめないという演奏ではなく、楽器を始めてみたい超初心者の方でも、気軽に参加できるものでした。

音コンは疲れない婚活だった

あっという間に2時間が過ぎて婚活イベント終了!
婚活ということを忘れて演奏を楽しんでしまいましたが、その後2名の男性と連絡先を交換しました。

今までに色々な婚活イベントに参加してきたわけですが、
どうしても知らない人と無理をして会話をしている感じが馴染めず、
毎回疲弊して帰路についていたのですが、
この音コンでは、コミュニケーション能力が大してなくても、
演奏という交流の中で、自然と参加者同士の距離が近づける気がしてとてもよかったです。

私個人的にとても楽しかったので、また改めて参加しようと思っています。

キーボードを弾いている女性が居たら私かもしれませんよ(笑)

人によってはイベントの趣向に合う合わないはあるかと思いますが私はドンピシャでした。

合コンが好きな人もいれば、そうじゃない人がいるようなもので、
こういったイベントの雰囲気は人それぞれの感じ方はあるとご理解下さい。

ですがもしあなたが楽器の演奏を始めたい、と思っていて婚活奮闘中であるなら一度は行ってみることをオススメ致します!